日工検サービス

日工検サービス > 超音波探傷検査

超音波探傷検査

超音波探傷検査の特徴と原理

特徴

溶接部等の内部体積キズの検査がある。
超音波の方向と垂直な広がりのある面状キズの検出が容易である。

原理

超音波は金属のような物体の中を一定の速さで輪郭のはっきりした音の束(超音波ビーム)となって直進する。
直進した超音波は、それぞれ媒体の異なる境界面(キズ等)などの境界で反射する性質を利用してそのキズの位置と大きさを検査する。

作業員

探傷状況
探傷状況


日工検サービスの技術紹介