日工検サービス

日工検サービス > 磁粉探傷検査

磁粉探傷検査

磁粉探傷検査の特徴と原理

特徴

強磁性体のみを対象とし表面又は表面直下のキズを検出できる。

原理

強磁性体を磁化すれば、試験体中に磁束の流れが発生する。この磁束の流れを遮るようなキズが存在すると、磁束の一部が空気中に漏洩し(キズ漏洩磁束)キズの両端部に磁極が生じる。
ここに磁粉を近づけると、キズに吸着され、磁粉模様を形成する。

作業員

作業状況
溶接部のワレ磁粉模様


日工検サービスの技術紹介