日工検サービス

日工検サービス > 放射線検査

放射線検査

放射線透過検査の特徴と原理

特徴

溶接部等の内部体積キズの検査が容易である。
放射線の方向と平行な面状キズの検出が可能である。

原理

X線やγ線などの放射線は物質を透過する性質がある。
その透過の程度は物質の種類と厚さにより決まる。
この性質を利用し、その透過量の違い(TとTの違い図-2)をX線フイルムに物質内部を写し込んで評価する。
フイルム上で通常のキズは他の健全部に比べて黒く写り識別しやすい。

作業員

X線装置セット状況
フィルム判定状況

日工検サービスの技術紹介